大泉がレッドグラミィ

ううん

いやあ、アカンね。どうにか、2-0でアウエーゴールを二つゲットして、これで、メインの2戦まぶたは、ラクラク張り合えることができると思ったが、そこから、3失点して、大逆襲損ですからね。しっかり、2戦まぶたのメインで、1-0、2-1のアクセント隔たりサクセスで良好なんで、たいして辛い状況ではありませんが、やっと、2-0まで行ったのだから、せめて、勝たないとね。勿体ないよね。3部分まぶたを取って、パートナーの戦闘エモーションをそぐこともできたし、アウエーゴールを二つ盗ることができたのだから、非常にもったいないレクレーションでしたね。こういう2部分隔たり誘いの状態で、勝つために、守備重視するのか、それとも、3部分隔たりにするために、攻撃するのか、ちゃんとしなかったのも、ちょっとでしたし、山田暢久という、坪井が、けがで真っ最中挫折してしまった、アクシデントありましたが、それにしても、逆襲までなることに、なるとはね。少々試合策略のケアレスミスなのか、パートナーを称えるのか、どうして??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です